大きくする 標準 小さくする

ブログ

次へ>>

春季リーグ第4戦 vs帝京戦[2022年現役ブログ]

 written by 三島 友希投稿日時:2022/05/19(木) 15:09

こんにちは、4年の三島です。
今回のブログでは、先日行われた春リーグ第4戦の結果をお伝えします。

まずは2戦目からです。
5/15(日)
春リーグ第4戦
vs帝京大 @開智望小・中学校
32-19(18-8、14-11)

この試合のユニフォームはコートプレイヤー白、ゴールキーパー青でした。


帝京は俊敏なキーパーのセービングからの速攻が持ち味のチーム。相手の得意な形に持ち込まれないために、確実にシュートを決めることとDFの戻りを早くすることを意識して試合に入りました。

試合開始から、一橋は得意のロングシュートを減らして相手の逆速攻を防ごうと考えます。しかしその意識が強すぎたためかOFが停滞し得点が伸びません。
前半8分で主将阿部のPTを含めた3得点のみにとどまります。

阿部のPT獲得シーン

しかしここから一橋は、堅守からの速攻で流れを作ることに成功。3年横澤の大迫力の両足ジャンプシュートもとびだし、ベンチは大盛り上がりでした!
相手の逆速攻にも素早く戻ることで対応し、前半17分で9-4と試合を優位に進めます。

3年春山の速攻からのシュート

その後サイドシュート主体に切り替えた帝京の攻撃も、キーパー小林がナイスセーブを見せるなど、失点を許しません。
交代で入った4年鈴木の3連続得点など、速攻で圧倒した前半。18-8のリードをつけて後半へ。

4年工藤のカットイン。3人ものDFをひきつけています


3年小林のキーピング


今までの3試合の反省を活かして、高い集中力で臨んだ後半。ベンチとコート内が一体となって盛り上げることで、隙のないDFを行うことができました。OFではチャージングからのターンオーバーが増えるものの、素早いDFの戻りで相手の速攻を防ぎます。
フローターを中心に得点を重ね、後半半分で12点差をつけます。ここからは様々なメンバーが得点をあげることができました。特に2年中町、4年津島は正式なリーグ戦での初得点をあげることができました!


PTにのぞむ4年藤野。この試合50%を超えるセーブ率を記録


3年千葉のサイドシュート


4年下野のポストシュート。最近痩せてきていることが悩みだとか。

理想通りの試合展開を行うことができた一橋は、
最終スコア32-19で3部リーグ2勝目を飾りました!

総評としては、堅守速攻により点差を広げるという一橋の目指す闘い方を実戦できた試合だったと感じました。特にDF面で2分間退場を一人も出さなかった点は、大きな自信につながりました!
また、途中たくさんの選手交代がありつつもチーム力が大きく変わらなかった点も非常に良かったと及川コーチはおっしゃっていました。


2勝2分となった春季リーグ、一橋は現在単独1位となっています!3部優勝のためにも、2部昇格のためにも、残り3試合勝利を目指して闘っていきたいと思います。変わらぬご声援の程、よろしくお願いいたします。
それでは!


三島

他己紹介No.21[2022年現役ブログ]

 written by 末次 真菜投稿日時:2022/05/11(水) 23:25


こんにちは!新3年マネージャーの末次です。

久しぶりの更新となってしまいましたが、皆様お元気でしょうか。私は今日も元気いっぱいです。
前回のかんえいの紹介から1週間以上が空き、他己紹介ももう終わったのか~と思っている人が多いことでしょう。
………いいえ、実はまだあと1人残っています。

他己紹介を毎回楽しみにしてくれていた方々・時々覗いて楽しんでくれていた方々・そして何より藤野さん。大変申し訳ございません。私とかんえいの怠惰です…。藤野さん、自分のだけ中々更新されないから悲しくて泣いてないかな。。

本題に移りましょう。満を持して3年小林が4年藤野を紹介してくれました。それでは、どうぞ!
 

皆さん、こんにちは。3年の小林です。諸事情に諸事情が重なり藤野大大大先輩の他己紹介が遅くなってしまったこと、誠に申し訳ありません。これ以上マイペースを拗らせると末次氏に暗殺されかねないので、ついに重い腰を上げました。藤野さんの他己紹介の前に1つ。田部からの他己紹介の中で、「春山とのツーショットが無い」との指摘があったので、この間のリーグ戦のときに撮ってきました。と―――っても仲が良さそうですね!!!



では、春山と僕の不仲説が木端微塵になったところで、藤野大先輩の他己紹介に移りましょう。といっても今までの他己紹介のような事実無根なことを一つでも書いてしまうと、数時間にも及ぶお説教が待っていると事前に脅されているので、震えながら綴ります。
藤野さんは超が付くほどの真面目です。田部は、春山が真面目の権化だとかぬかしていましたが、私は藤野さんこそが真面目の権化だと心のそこから思います。藤野さん曰く、双子の兄の方が真面目らしいですが、、、自由の権化の僕とは相容れない所が沢山あると思います。そんな手のかかる僕ですが、(同じキーパーの好で)根気強く教育してくれた藤野さんのおかげで、入部当初よりはましな人間になったと思います。たぶん。きっと。何度お説教されようとも挫けなかったのは、昨年度卒業されたマネージャー・大串先輩が残した、「藤野は気難しいところもあるけど本当はいいやつだから、これからも仲良く頑張ってね!」という遺言のおかげです。サラさんありがとうございます!
さて、そんな気難しい藤野さんは、一見すると同期とすら仲が良くないように見受けられます。

 

なんですかこれ。一人だけ全く楽しそうじゃありませんね。ですが、そんなことはないと思います。少なくとも同期の皆さんはきっと仲がいいと思っているはずです。その証拠に、藤野さんのトレードマークであるゴーグルを身に着けて嬉しそうに写真を撮っている4年の皆さんの写真を載せておきます。が、真相はいかに…。それは末次氏に審議してもらいましょう!では!



 

いかがでしたか。春山との写真にツッコミどころしかないのは置いといて。
藤野さんとかんえいは同じキーパーでも全くタイプの違う2人で、面白いですね。誰がどう見ても仲良しなのが写真からたっぷり伝わってくるので、審議はするまでもないです、多分。

藤野さんは真面目の権化だと紹介されていましたが、本当にその通りです。真面目エピソードは掘っても掘っても湧いてきます。私が知っているだけでも、部員全員の体調管理を毎日欠かさずやってくれること・授業は全出席なこと・しっかり高GPAをキープし、悩めるハンド部員たちの単位を救いまくっていること・集合場所にどんなに早く行っても既にいること、などなど…たくさんありますね。

そんな真面目さからなのか、キーパーというある意味全体を客観視できるポジションにいるからなのか、はたまたたまたま見つけてしまうだけなのか(笑)、藤野さんは周りをよく見てくれているなと感じることが多いです。私がぽけーっとして忘れているビブスの用意をささっとしてくれたり、何をしたらよいか分からず右往左往していた時にアドバイスをくれたり、1人でいる時に話しかけてくれたり…。そういう些細な行動1つ1つがマネージャーとしてはありがたいし、嬉しいですね。

ちなみに、この事実は知らない部員も多いと思いますが、今のハンドボール部内で藤野さんと同い年なのはどうやら私だけのようです。衝撃です。笑


今回で丁度1周したので、今年度の新歓の企画としての他己紹介は最終回です。
約2か月に渡りゆるりゆるりと更新してきましたが、楽しんでいただけたでしょうか。実際どのくらいの人が見てくれていたのか分からないですが、1人でも多くの人がハンド部を知るきっかけになっていたり、一橋のハンド部って仲良くて雰囲気の良さそうな部活だなと思ってもらえたりしていたら嬉しいな…なんてことを密かに思っています!

私もこの企画が部員一人一人の良さを改めて知る良い機会になって、部活のためにこれからも頑張ろうと思えたので感謝です。では!ここまで読んで下さりありがとうございました。

春季リーグ第2、3戦 vs東京理科大、文教[2022年現役ブログ]

 written by 三島 友希投稿日時:2022/05/02(月) 18:03

こんばんは、4年の三島です。

早速昨日行われた春季リーグ第2、3戦の結果を報告をします!今回試合中の写真がとれていませんでしたので、私の拙い文章のみとなります。ご容赦ください!

まずは2戦目からです。
5/1(日)
春リーグ第2戦
vs東京理科大 @開智望小・中学校
30-24(16-10、14-14)

この試合のユニフォームはコートプレイヤー白、ゴールキーパー青でした。


試合開始前には「逸強」リストバンドを全員が装着!マネージャーもお揃いでチームとしての一体感が高まりました!

画像だとわかりにくいですが、しっかり逸強と書いてあります笑

理科大は全員が攻守に全力を出すチームで、アップ中もよく声を出していました。アップ中にさりげなく声出し合戦をしていたのは私だけではないはず(笑)

試合が始まると両チーム堅い守備を見せ、中々点が入らず。一橋は堅守からの速攻で再三チャンスを作りますが、相手のダイナミックなキーピングに幾度も得点を阻まれます。前半12分で4-4とロースコアな展開に。
得点が停滞する中でも相手の1対1を粘り強く守り切ることができました。そして3年キーパー小林の安定したセービングから3年西尾、4年工藤の速攻で徐々に一橋が点差を離していきます。

その後、両チーム2分間退場者をだし、5人対5人に。ここで主将阿部の強烈なミドルシュートが炸裂。理科大も負けじと逆サイドが飛び込み得点します。残り10分で10-8で一橋がリードします。

さらにタイムアウト明けには相手45のカットインを小林がスーパーセーブ!すぐさま速攻に移り工藤のカットインにより2分間退場とPTを獲得することに成功します。

そのまま前半を優位に進めた一橋は16-10で試合を折り返します。

後半も阿部の速攻などが決まりリードを広げます。
3年ポストの春山も果敢なアタックを見せ2分間退場を獲得します。

しかしここから一橋のターンオーバーが増加。フローター間のパス回しを狙われ、連続で逆速攻を許します。
DFとキーパーの連携でシュートを防ぐもリバウンドを拾われての得点が増加。
それでも阿部が圧倒的な個人技で連続得点を重ね、後半15分で23-18で5点をリードします。

後半20分、またも工藤が2分間退場を誘発させ、相手は一人少ない状態に。ここで相手はキーパーを外し6人で攻めを行う作戦に出ますが、一橋は堅い守備でゴールを守り、逆に相手のがら空きのゴールにロングシュートを放ちリードを6点に広げて勝負を決めました。

最終スコア30-24で3部リーグ初勝利を飾りました!

試合後は昼休憩を挟んで、午後の試合に備えました。

試合後のダウンの様子


選手より疲れている4年マネージャー佐藤


お昼寝する選手もいます、一番右の藤野君は目がキマっていますが大丈夫でしょうか


春リーグ第3戦
vs文教 @開智望小・中学校
28-28(17-12、11-16)

この試合はコートプレイヤー赤、キーパー黄色のユニフォームでした。


立ち上がり、一橋のシュートは中々決まらず。1-4とリードされます。
しかし、1試合目の疲れが残る中でも4年サイド鈴木、3年ポスト春山、フローター横澤などが得点し何とか食らいつきます。
キーパーの小林もワンマン速攻を豪快にセーブ。徐々に流れはこちらに傾きます。

DFでも足が動き始めた一橋は、この春リーグで強みとなっている堅守からの速攻で得点を重ねます。流れのまま前半を制し、17-12で試合を折り返します。


後半、前半最後に2分間退場を受けていたため、一人少ない状態でのスタート。シュートまで持ち込まれる場面はあるものの守護神小林がビッグセーブを連発。ゴールを死守します。

両者得点が滞る中、一橋はここまで大活躍の阿部が足をつるアクシデントが発生。阿部を欠く中でOFが停滞。ターンオーバーを繰り返して2点差まで詰め寄られます。

タイムアウトを取り阿部が復帰するも、フローターが真ん中付近で苦しい状態でシュートを打たされる展開が続き、流れをつかめないまま、試合は終盤へ。

後半22分、3年横澤が豪快なカットインでPT&2分間退場を獲得!阿部がPTを落ち着いて決め、24-23と一点リードを奪います。しかし、立教もスカイプレーですぐに同点に。

苦しい時間帯が続きますが鈴木のサイドシュートや春山のポストシュートでつなぎ、残り3分で2点をリード。ただ、文教も意地を見せ、27番のロングシュートなどですぐに同点に。
その後一橋は残り1分で阿部が豪快なブランドシュートを決め、1点をリードしますが、またしても文教はサイドシュートを決め切り追いつきます。

そのまま両者得点が入らず。試合は28-28の同点で終了しました。


この日の結果は1勝1分となりました!
理科大戦を確実に勝利し、強敵文教大学とは引き分けに持ち込めたので、決して悪い結果ではなかったと思います。

この3戦を振り返った課題としては、前半はリードしていても後半にOFが停滞する時間が必ずあることでしょうか。一橋はフローター陣の攻撃力が高く、真ん中でゴールまで完結できる上に、前半はそれがうまくいくため、そのイメージで後半も続けて、フローターでシュートまでいこうとしてしまうことが多いです。3部以上のDFは後半には相手のOFにある程度対応してくるので、それでOFが行き詰ってしまうようですね。

今後はフローターだけではなく、サイドやポストの選手がステップアップし、より多彩なOFを展開する必要がありそうです!

そして気になる現在の一橋の順位は...3位です!


ここから全勝すれば、入替戦出場も視野に入ってきます。皆様の期待に応えられるよう、次戦も全力で戦っていきたいと思います!

長くなってしまったので本日のブログはこの辺で締めさせていただきます。それでは!

三島

他己紹介No.20[2022年現役ブログ]

 written by 末次 真菜投稿日時:2022/04/27(水) 12:16


こんにちは!3年マネージャーの末次です。

人の名前と顔を覚えるのは苦手ではないはずなのですが、この前学食で私服のプレーヤーに名前を言われるまで気付かなかったのでここで謝っておきます。笑
3月中旬から行ってきた他己紹介も、残すところあと2人となりました。はやいですね~。

今回は新歓隊長も務める3年田部が同期の3年小林を紹介してくれました。
それでは、どうぞ!

 


4年パブロさんから紹介を受けた3年田部です。きっとパブロさんからの紹介は全米が泣くレベルの作品になっていると思うので、楽しみです!すでにティッシュを5箱用意しています。いやまぁ僕の有り余る魅力を日本語程度で表現できるかと言ったら、難しいところなんですけどね。

さて、僕が今回紹介するのは3年同期の小林幹英くんです。彼は「小林」というありふれた苗字を持っているにもかかわらず、「かんえい」と下の名前で呼ばれています。そんな幹英くんはハンドボール部の守護神として君臨しています。彼のキーピングは正確無比であり、シュートがどれだけ強くとも、どれだけ速くとも彼にかかればお茶の子さいさいです。きっと銃弾が飛んできても止めてしまいます。絶対に「?、蚊かな?」とか言いながら止めます。そんな幹英くんの生態を書いていこうと思います。
 

(キーピングかんえい)

まず言及しなければならないのが彼の性格です。彼の性格は超がつくほどのマイペースです。練習に来るのは集合5分前、練習が終わり次第秒速で帰る、他人の飲み物勝手に飲む、2年マネージャーにお使いを頼む、気付いたらスマホでゲームやってる、zoomのミーティングは必ず寝坊してくる、などなど挙げ出したらキリがないほど彼のマイペースエピソードはあります。そんな性格を嫌ってか、真面目の権化春山との不仲説がハンド部には存在していますが、決してそんなことはなく、この前春山が嬉しそうに「今日幹英と話した」と報告していました。まるで思春期中学生の色恋ですね~、眩しいなぁ(?)良かったね、幹英。しかし春山と幹英の2ショットがいくら探しても存在しなかったため、もしかしたら仲が悪いのかもしれません。みんなのアイドル高橋との2ショットはいくらでもあったため、この写真で我慢してください。


(右:学歴厨高橋 左:カメラ目線にならない幹英)

また、彼は生粋のゲーマーでもあります。家の外ではスマホでゲーム、家に帰ればゲーミングPCでゲームをやっています。彼のゲーム熱は凄まじく、この前お金返して、と彼に言ったら課金するから嫌だ、とか吐かしていました。殺意しか覚えません。また、彼は頭痛持ちなのですが、絶対にゲームで悪化させている節はあります。深夜までF P Sのゲームをしていれば絶対に頭痛くなることがわかっているのに、一晩中ゲームしています。しかしながら、彼はF P Sを通して動体視力を鍛え上げることで、キーピングに活かしています。意味がわかりません。彼曰く、徹夜してモンスター飲んで試合に臨むと、一番パフォーマンスが上がるらしいです。は?


(1枚目前:作業中末次、奥:ゲーミング幹英 2枚目:ゲーミング幹英part2)
 
 そんな幹英くんにはなんとスーパー神神彼女がいます!!彼女の作るご飯が楽しみで仕方がないため、幹英は絶対にどんな時でも僕らとご飯に行きません。最後幹英とご飯を食べに行ったのがいつかわからないほどに幹英は一緒に行ってくれません。彼女さん、僕ら幹英とご飯行けなくて寂しいです。また、公式戦の日には彼女さんは幹英にお弁当を作ってくれているのですがそれで幹英を煽るとめちゃくちゃ恥ずかしがるので死ぬほど面白いです。2日連続公式戦の日には1日目に煽ったので、2日目は煽られないように僕らの目につかないところで食べていました。それすらも死ぬほど面白い。ちなみに、3年横澤は何にもしていないのにその彼女さんに嫌われています。いつも飄々としている幹英くんですが、彼女のことになるとそれが崩れるのが面白いです、きっと頭の中は彼女への愛で溢れているので
しょう!!
  

(爽やか幹英4枚セット)

ここまではマイペースなところ、ゲーマーなところなど悪いところが目につきましたが、ここからは彼が持つ魅力について紹介するコーナーにしていきたいと思います!!


えっと、あのぉ・・・あれ、髪が金色でかっけぇ。

 


いかがでしたか。かんえいの良いところは髪の毛だけ?と思った方。安心してください、それなりにバランスをとっておきます。

田部の紹介にもありましたが、かんえいはすっっっごくマイペースです。確かにマイペースすぎて困っていることもありますが(笑)、自分を持っているのでいつでも変わらない安心感があります。キーピングでの安定感も彼の自分のペースを崩さないところから来ているのではないでしょうか。

また、かんえいを紹介するにあたって外せないのはコミュ力の高さです。誰にでも分け隔てなく接するので、気付いたら仲良くなっています。羨ましいですね。マネージャーとしてもかんえいのような存在はかなりありがたいです。他の3年生たち、見習って下さい。笑 そのコミュ力は新歓でも遺憾なく発揮されています。新入生にとっても話しやすく、また心強い存在になると思います!

個人的には学部が同じで、入部した時期も近くて、結構親近感が湧いています。困っている時には話を聞いてくれるので優しいです。

あといいところは、、うーんと、、私服がまっくろでかっけぇですね。

では今回はこの辺で失礼します。
次回はいよいよ最終回。3年小林が4年藤野を紹介してくれます。キーパー同士の紹介、きっと中身の濃い素敵なものになっていることでしょう!お楽しみに!
 

他己紹介No.19[2022年現役ブログ]

 written by 鈴木 悠仁投稿日時:2022/04/23(土) 19:20

こんにちは!4年鈴木です。お久しぶりです。

今回は私から3年田部を紹介させていただくということで、3年末次に代わって、ブログを執筆していきます。
昨年7月以来の執筆ということで、張り切っていきます!
 


さて、今回私が紹介していくのは、三年の田部玄明(けんめい)くんです。彼は全部員から「田部ちゃん」と呼ばれていますが、せっかく名前が格好いいので、今回に限り「玄明」と呼ばせていただきます。

玄明は現在、新歓隊長を務めております。相変わらずのコロナ禍ということで難しさはあるものの、既に二人の新入生が入部を決めてくれていることからもわかる通り、とても頑張ってくれています。

まずは彼の人柄の部分から紹介します。簡単にいえば、明るく・楽しく・元気が良い男です。

↑個人的ベストショット。世界で一番笑ってる🌟

異常な人懐っこさをもつ玄明は、先輩後輩関係なく誰とでも仲がいいですし、
三年生に「一番話しやすい同期」を聞いた際には、多くの部員から玄明の名前が挙がりました。

四年の三島や津島に対しては、まるで同期であるかように接しています。逆に二年生、特に今村とも、同期かな?というような関係を築いており、毎プレーごとに「田部さ~ん、今のは全然ダメですね~」など、煽られています。


↑練習中でも遊び心を忘れない、玄明。

三年生が談笑している輪の中心にはいつも玄明がいます。玄明がみんなを笑わせているのかなと思い盗み聞きをしていたら、死ぬほどスベっていたこともありました。きっと、たまたまでしょう。


また、彼は人一倍ハンドボールに熱い男でもあります。
彼は二年前、コロナが流行りだした頃に初心者として入部しました。部として満足に活動ができず、zoomで筋トレばかりしている時期に入部してくれ、何を考えているかわからず気持ち悪い 非常にありがたかったのを覚えています。

↑試合でも活躍中!



彼の成長スピードは、はっきり言って異常です。
入部当時から、バスケ仕込みの素晴らしいキレのステップを持っていましたが、徐々に技術を身に着け、日々成長しています。他人のアドバイスを吸収する力もすごいですが、単純に練習量が一番多いです。

これは彼のシュート練習の姿ですが、周りに誰もいませんね。練習の合間の休憩中、このように一人黙々とシュート練習を行う姿が散見されます。

また、本当にたった一人で自主練を行ったことも何回かあり、そんな日は練習の様子を撮影して、LINEグループに投下していました。とにかく努力の男ですので、今後のハンド部を背負う存在であることは間違いないです。

以上をもって、玄明の紹介とさせていただきたいと思います。

さわやかピースでお別れ

はい、いかがでしょうか。
人当たりが良く、ハンドボールに対しても熱い思いを持つ田部ちゃんの人となりが少しでも伝われば幸いです。
このようなナイスガイが新歓をしておりますので、新入生の方は是非ハンド部に新歓されてみてはどうでしょうか?

次回は田部ちゃんから、3年小林の紹介になるかと思います。
これまで18回ブログを更新してくれたまなちゃんには感謝です。後二回、頑張ってね☻


4年鈴木
次へ>>

アーカイブ

ブログテーマ